3歳娘苦手な絵を克服?!

一般社団法人日本母親支援協会育児コンサルタントちあきです。

現在3歳8月の娘と1歳の息子を柴田メソッドという育児法で育てています。

また、アドラー心理学勇気づけ講師でもあります。

娘、苦手な絵がずいぶんと上達しました!!

以前、娘が母の日に母の絵を描くことを拒否しました。

幼稚園で絵を描きたがらなくて、白紙のまま台紙を持ち帰ってきたんです。

話を聞くと

クレヨンじゃなくてボールペンで書きたかった

ということで、

ボールペンで書いてもらいました。

その後、父の日にも同じ課題があり、父の絵は描いたんです。

大好きな緑色オンリー笑

家ではほとんど絵を描きたがらず、クレヨンもただぐしゃぐしゃっとするだけ。

ある日、また幼稚園で自由に絵を描くということがありました。

絵を描きたがらない娘。

理由を聞くと

だってまるしかかけないもん。

と、小声で、落ち込んだ様子。

どうやら、幼稚園の他の子たちが上手に絵を描くのをみて、劣等感を抱いたようなんです。

こどもならではの絵も可愛いくて私は好きだけど、本人は気にしているみたいでした。

そこで、

まるがかけるんだよね〜

じゃあさ、こないだ見たききゅう描いてみたらどうかな?

と、提案してみたら見事に乗ってきました

早起きして見に行ったかいがあった!笑

え?ききゅう?

うん。ききゅうってどんな形だったっけ?

まる〜!

まる描ける人〜

はーい

と、ひたすらを描きだして。

色も緑だけではなくていろんな色を使った気球をかいてくれました。

その日以降、絵を描くことが楽しくなったのか、毎日ではないけれどひたすらまるい気球を描きつづけていました。

すると今日、夫と絵を描いて遊んでいたのだけれど、描いたのがこちら。

アンパンマン!!!!

まるしか描いてなかったけど、まるで描けるアンパンマンの完成度が!

父の日以降、人の顔のようなものを描いてないので途中経過がわからないのだけれど、すごい上達っぷり

あれほど、絵を描くことを拒否していた娘が

絵が好きになったら、あっという間にいろいろ覚えてびっくりしました!

子どもは素直なので、

ほんの少しの声かけで、変わる。

声かけひとつがきっかけとなって、自信がついたようです。

あるに目を向ける勇気づけの手法ばんざい

ご提供メニュー

顧問契約Wコンサル申し込み窓口はこちら

柴田メソッド創始者柴田さんと私のコンサルとなります。

柴田さんのブログから申し込まれると

コンサルにはなりません。

コンサルをご希望の方はこちらからお願いします。

柴田メソッドテキスト

冊子版とスマホでも読める版があります。

柴田メソッドテキスト冊子版申し込み窓口

柴田メソッドテキストPDF版申し込み窓口

問い合わせ窓口

相談質問なんでも、こちらからどうぞ

悩みのほとんどは対人関係にあります。

ELM勇気づけ講座では

子育てだけではなく、夫婦や義両親など

全ての対人関係を良好にする

アドラー心理学の勇気づけが学べます。

アドラー心理学ELM勇気づけ講座の詳細はこちら